なぜAWD搭載車が増えるのか?AIによる技術革新が4WD・2WDより優れた性能を持つAWDに変わる。

●みんな損してる!?新車ディーラーの車下取り価格でだまされている!!
 ↓クリックしてかならず見ておいてください。
愛車を高く売るなら買取専門業者車の査定を利用

「全輪駆動」の「AWD」がなせる技は4WD・2WDでは不可能

AWDとは?

 

自動車のタイヤホイールの駆動の
方法を略したものです。

 

「all-wheel drive」

 

が正式な名称であり、4WDは

 

「four-wheel drive」

 

となります。

 

世間一般では、

 

「4WD」と「AWD」は呼び方は違えど同じ

 

と言う解釈をされている解説も
ありますが、

 

実は日本の場合、「4WD」と「AWD」が同じ
という考え方は少し違っています。

 

その辺を、わかりやすいように
まとめてみましたので、

 

ぜひ最後まで読んでみてください。

 

「4輪駆動」と「前輪駆動」

4WDと2WDは、

 

「4輪駆動」と「前輪駆動(FDW)」「後輪駆動(RWD)」

 

の違いである事は恐らく世間一般に
理解されている方は多いでしょう。

 

「4輪駆動」のメリットがもてはやされ、
日本の自動車も4WDが普通に
街で走るようになったわけですが、

 

ここにきて「AWD」と呼ばれるシステムを
持つ車のカタログが増えてきています。

 

このページの冒頭でお伝えしたように、
「AWD」と「4WD」は同じ扱いとされて
解説されていることも多いのですが、

 

「AWD」と「4WD」が同じという理由に、

 

「世界では6輪車もあったが日本では4輪自動車しかなかった」で全輪駆動と言わなかった」、

 

「全輪駆動は4輪駆動に対してグローバルな言い方」

 

とするのは、車のプロの目線から見ると、

 

「全くの過ち」

 

と理解されています。

 

TOPに戻る↑

日本での技術的概念の進歩

大昔、まだ自動車が開発されて
いなかったころ、

 

人間の交通手段として、「馬車」が
使われていた時代があります。

 

馬車の車輪は「駆動」していません。

 

それを駆動させるために「デフ」が考えられました。

 

それでFFではなくFRが先行したと言われています。

 

馬車から自動車への進歩は、「馬からエンジン」
になったことから、

 

「内外輪差」の対処が新しい技術的課題
であり「概念」でした。

 

その課題に取り組むため、自動車業界は
切磋琢磨して課題の解決を目指しました。

 

1900年に入り日本ではまず、

 

「フルタイム4輪駆動」

 

が開発されました。

 

この「4WD」はラフロードでの走行に対処
するために進化したものですので、

 

前・後輪の駆動差はありませんでした。

 

しかし、日本以外の車先進国では前・後輪
にも「リミテッド・スリップ・デフ」の概念が
取り入れられてきた「AWD」が4輪駆動の
始まりと言えます。

 

TOPに戻る↑

A I による全輪制御の時代

その後日本で

 

エポックメイキングとなった車種は,

 

 

R32スカイラインGT-R

 

でしょうか。

 

R32スカイラインGT-R

 

R32型GT-Rでは、

 

2568cc直列6気筒4バルブDOHCエンジンに
2基のセラミックス製ツインターボmを搭載し、

 

後輪駆動(FR)がベースです。

 

しかし、高度な電子制御によって、

 

4輪に自在に駆動力を配分できる4輪駆動システム(アテーサE-TS)

 

を搭載する4輪駆動車として生まれました。

 

「滑ったときだけ前輪を駆動する」
前・後輪駆動力のコントロールです。

 

今を時めくマツダ・GVCも前・後輪制御です。

 

しかしながら、

 

BMW750などでは、

 

「4輪別々のコントロールを当然とする概念」

 

になっています。

 

BMW750「AWD」は4輪別々のコントロールができるようにされている

 

それだけでなくカメラで前方路面を見て、
ハンドルやアクセル、ワイパーなどの
全ての情報を統合して、

 

「全輪に掛けるべき駆動力やブレーキを個別に事前に選択する」

 

システムが現在の技術的概念です。

 

これは「AWD」と呼ぶにふさわしい状況です。

 

TOPに戻る↑

メカニカル制御と電子制御

「スバル・グローバル・プラットフォーム」で、
スバル・インプレッサの

 

メカニカルAWD・ハンドリング

 

を基礎とした制御と、

 

「マツダ・スカイアクティブテクノロジー」

 

の電子制御ハンドリングの比較などは、

 

トヨタ・プリウス、ホンダ・NSXの
「電動4輪駆動方式」と合わせて、

 

これからのA I を使用した自動車の技術
として、日本のAWDがどの方向に向かうのか?

 

を考えるのは、大変面白いテーマです。

 

それらが進化した時には、日本独自の
「AWD」が誕生するのでは?と期待を
しています。

 

TOPに戻る↑

中古車・新車の購入や売却で損しない為の対策

日本の車業界も、

 

ガソリンから脱ガソリン

 

を主体にしてイノベーション的に
時代が変わろうとしています。

 

「AWD」のようなわくわくするような
新型車種が登場してくれば、

 

やはり、

 

今の車を売って新しく乗り換えよう

 

と考えるユーザーも多くなるでしょう。

 

しかし、新車を購入すると言う事は決して
安い買い物ではありません。

 

そこで、考えておきたいのは

 

愛車を下取りに出す時の見積もり

 

です。

 

あまり車に詳しくない方は、

 

「え、こんなに損をしてるの?」

 

と言う代表的な事例があったりします。

 

新車を購入する際、今乗っている車が
あると、

 

必ずといっていいほど、新車を買う
ディーラーさんで下取りに出して
売却しますよね?

 

しかし、そこで自分の乗っている車の正当な
価値がちゃんと評価されないるかどうか?

 

は必ずしも「評価してくれている」
とは言えないのが現状です。

 

車の売却をする前にこれをやっておくと

 

「今の車が正当に評価され」
「あなたのお財布に優しい」

 

車の売却ができる可能性は
かなり高くなります。

 

近々、あるいは少し先に
おいて新車の購入や車の下取りを
考えている方は必ず参考にして
みてください。

 

 

参考 ・今の車が高く売れた!運営者の経験談

 

   ・車の買取査定業者が無料見積もりしてくれる人気ランキング

 

   ・新車購入で得する新古車・未使用者の探し方!

 

 

今の車の価値を知っておくことで、
高い査定が付くなら「今が売り時」
ということもわかります。

 

 

TOPに戻る↑

  このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

車の燃費が新表示になることで以前よりも実態値に近くなるは本当か?
2018年度から車の燃費に関する表示が新しくなるという発表がありました。でも本当に不正はなくなるの?
無事故無違反ならSDカードを申し込みできるSDカードとは?
車の免許更新に行った際に知ったSDカードのことについて。SDカードのメリットや取得方法。
自動運転自動車安全性と普及に向けて研究開発費が最大に
日本での自動運転技術開発が進む。環境規制に向けたエコカー開発もさらに進む。