おすすめしたいカーオーディオのBluetooth製品メーカーのメリットやデメリット

●みんな損してる!?新車ディーラーの車下取り価格でだまされている!!
 ↓クリックしてかならず見ておいてください。
愛車を高く売るなら買取専門業者車の査定を利用

カーオーディオも今やBluetoothで聴く・操作する時代!各メーカーにどんな特徴があるのか?

カーオーディオにBluetooth

 

が搭載された機種があります。

 

それらの特徴やメリットなどを
ご紹介します。

 

是非最後まで読んで見てください!

 

Bluetoothのカーオーディオをおすすめできるずば抜けたメリットと注意点・留意点

今やBluetoothは、カーオーディオ
の世界でもなくてはならない存在に
なっております。

 

何故なら、携帯電話のハンズフリー
フォンとしてのみの使用は古くなり、

 

スマホやiPhoneでの幅広い活用に
成ったからです。

 

このめまぐるしい進展に今から購入する
ベストなカーオーディオはどれか?

 

を具体的にお話していきたいと思います。

 

Bluetoothで出来ること。まずは結論から入ります。

 

安全面

 

運転中のスマホや携帯電話の発着信を
抑制するという現代の基本的な理念も
有りますが、

 

片手にスマホ(携帯)、片手にハンドルと
ならないように車内に装備されている
(スピーカー・マイク)を通じてハンズフリー
通話が出来る機能。

 

 

※私のような40代に取っては、走行中の
法律違反をしないためのツールとして
考えている、Bluetoothの基本機能です。

 

機能・操作面

 

今まで、スマホ等の音源をカーオーディオで
再生させるには、多くの方々は外部入力
(AUX)端子を使用していると事と思います。

 

これをBluetooth(ブルートゥース)機能を
使用することにより、

 

AUX音源よりは若干劣りますが、ハンズ
フリーよりは少し良い音源で再生する
ことが出来る機能。

 

※比較的デジタル(MP3音源)に対応
できている若い世代に浸透している機能。

 

さらに、オーディオ・映像関連の機能を本体側
からスマホ・携帯側から相互にリモコンのように
遠隔操作(リンク)で行うことが出来る機能

 

※端的にスマホや本体が、リモコンの役目をする機能。

 

便利面

 

スマホや携帯の電話帳登録された番号の
全部もしくは一部をカーナビやカーオーディオ
本体にリンク・転送させることでスマホ等から
でなく、

 

カーナビ等の液晶画面から直接相手先に
電話をかけれる機能。

 

※スマホ。・携帯の情報を本体のカーオーディオ
にリンクさせて本体側で操作できるという機能。
普段スマホで取得したデータが、そのまま
ナビ・オーディオにリンクすることです。

 

使用するにあたっての注意点

 

私も含めオジサンにも解るBluetooth解説をします。

 

まずは、おじさん世代のブルートゥース(あえて
カタカナ)、ハンズフリーフォンのみの使用です
からという方!

 

ご自身の携帯・スマホが、購入するカーオー
ディオが、適合しているか確認してください。

 

これは、非常に重要です。

 

適合していないものを購入する、または
対応していないものだと後で大変です。

 

携帯やスマホを買い替えしないと無駄に
なってしまう、オーディオの取替え等の話に
なってしまいます。

 

難しいことは抜きにして適合可否が大事です。

 

最近のスマホをお持ちの方は、ほぼ大丈夫
と考えます。

 

最近の格安SIMスマホ等の適合可否は、
注意が必要と考えます。

 

音質について

 

そして若い世代に多い、音声や動画を本体
(オーディオ)にBluetoothで転送して再生する
機能に関して。

 

現在、オーディオ機能として使用されて
いるメインの規格は、A2DPというプロ
ファイルです。

 

実は、そんなに高音質ではないです。

 

ただ、MP3を聞いている世代には、
意外と近い音声です。この音声で
充分という方は、それでも良いの
かもしれません。

 

近年では、スマホやデジタル・オーディオ
機器には、SONY(JVC)が新開発した
ハイレゾ対応の機器が増えてきています。

 

ソニー開発のLDAC音源に対応した本体を
選ばれるのも今後のためには、良いと考えます。

 

本体側(オーディオ)の機能として、スマホ
や携帯からのデータの転送・同期、カーナビ、
オーディオの画面からの電話等は、

 

意外とその機能が必要という方で必需品と
なっています。

 

本体側の対応が重要であることになります。

 

 

 

後もう1つ大事なことが御座います。

 

最近ステアリング周りに色々なボタンが
付いていている車が増えております。

 

オーディオの音量ボタン・ナビ画面ボタン・
通話ボタン等が有ります。

 

 

 

これが、社外オーディオで対応しているか
というのも重要かとおもいます。

 

あくまで純正オーディオは対応しています。
社外に変える際には、確認が必要です。

 

ということで、実はカーオーディオでしたいことを
するのに、今お持ちの携帯やスマホの適合
というのが非常に大事であることだけを、
まずご理解いただけたらと思います。

 

因みにiphone7は、AUX端子もなくなった
ということで、実はこのBluetooth機能が、
非常に役立ち重要と成っているみたいです。

 

iphone7のライトニングコネクタからのAUX変換
は可能ですが、スマホの充電が出来なくなるので
長時間の利用に厳しいようです。

 

 

最近では、オーディオ側にUSB端子が付いて
いたら、そのiphone7ライトニングコネクタから
USB変換コードを使用して、

 

充電、データ転送を行うことが望ましいと考えます。

 

コネクタ対応USB充電・データ転送ケーブル

 

Bluetooth搭載というだけでなく、カーオーディオ
には、かなりの幅で価格帯が御座います。

 

今やBluetooth搭載のカーオーディオが
当たり前の時代です。

 

実は、機能や装備状態で価格が
1万円前後から10万円するものまであります。

 

最初に、結論から言ったのはこのためです。

 

ご自身がBluetoothをどのように使いたい
のかを考えないと予算に合わない結果や
要望以外の結果になるということです。

 

必要なことは、買うカーオーディオで何を
したいか?を最初に考えておくという必要が
あるということです。

 

そしてスマホ最新、オーディオ未対応。

 

またはその逆等で適合しないことを防ぐために、
適合確認をすることが大事と考えます。

 

TOPに戻る↑

必見!Bluetooth搭載カーオーディオおすすめ機種5選

比較的安価でハンズフリーフォン及び
音楽等の再生の出来る機種として、

 

1DINではパイオニアDEH4300が揚げられます。

 

これは、市場では10000万円をきる
値段で販売されております。

 

 

もう一機種は、ケンウッドU320BT

 

1DINデッキ・13000円くらい、

 

最大の特徴はデッキにTELボタンが付いて
いて押したら通話ができるという機能つきです。

 

 

 

実は、1DINデッキでは、各メーカー余り
本腰を入れておらず元々カーエレクトロ
ニクスを背負い続けてるメーカーが1番
安心と思います。

 

※この2つは、音声通話及びスマホ等の
音楽の再生が可能となっております。
又全面にUSBも装備されています。

 

 

このほかにおススメなのは、もし予算に余裕があり、
お手持ちのスマホが、NFC対応であるならば
ケンウッドのU410BTもおススメです。

 

15000円前後。

 

 

 

 

2DINのオーディオデッキのおススメ

 

パイオニアFH-9200DVDです。
価格は、37000円前後となっております。

 

再生もとの音声の質はあるのですが、
オーディオ自体の音声再生能力が高い
のでこの機種が一番と考えます。

 

 

もう1つ外せない機種が、ケンウッドDPX-U730BT

 

ペアリングの台数が10台と非常に
多いということです。

 

又、1DIN同様TELボタン付きで
電話通話に適しています。

 

そして価格も25000円以下で安いです。

 

 

※音声通話、音楽再生、スマホと本体との
連携が出来る機種になっております。

 

 

 

ナビ一体型2DINデッキのおススメ

 

ケンウッドMDV-Z904W/Z904です。

 

ハイレゾ対応になっているのが、1番重要
と考えます。

 

現在100000円前後となっております。

 

音声通話、音楽再生、相互通信による
やり取りも可能となっております。

 

 

他のメーカーでもBluetooth搭載と成って
おりますが、先を見越してのハイレゾ対応
というのは若い世代のみならず、

 

音質にこだわる中間世代以降でも重要と考えます。

 

 

TOPに戻る↑

最終的な選び方のポイントのまとめ

まず、一番大事なのは、

 

ご自身がBluetoothを使用して車の中で何をしたいのか?

 

を決定することです。

 

大きく分けて、

 

  1. 音声通話
  2. 音楽再生
  3. 相互通信

 

によるリンク機能のどれかというよりも
1,2,3の順番にです。

 

それにより必要な機種が決まってもきます。

 

次に、その機種がきちんと今のスマホ・携帯
に適合しているのかということをご確認ください。

 

※簡単に言うとハンズフリーフォンの子機が、
携帯に対応しているのかどうかというような感じです。

 

最後に、ご自身のお車にあうデッキサイズ
(1DIN,2DIN,ワイド)をお選びください。

 

これで、Bluetoothに関することは、大丈夫と考えます。

 

◎カーオーディオの購入でお金を借りるなら。プロミス体験談事例
googleで検索 ・Yahoo!で検索

 

 

TOPに戻る↑

後からチェック!ブックマークの登録を忘れずに!^^

  このエントリーをはてなブックマークに追加