カーバッテリー交換体験談 画像と動画で解説しています

●みんな損してる!?新車ディーラーの車下取り価格でだまされている!!
 ↓クリックしてかならず見ておいてください。
愛車を高く売るなら買取専門業者車の査定を利用

どおってことはない!車のバッテリー交換体験談を画像付きで解説

2016年に車のバッテリーを交換しました!
その体験談をご紹介します。

 

これを読んでいただければ、あなたも

 

簡単にバッテリーの交換が自分でできますよ!

 

ぜひ最後まで読んで見てください!

準備段階としては

今搭載しているバッテリーを外す前に、
次の事を確認してください。

 

車のメモリー保護

 

最近の車は「メモリー機能」を使った
電子機器が搭載されていることが
多くあります。

 

バッテリーを外すとこれらの記憶が消える
ことがあります。

 

ですので、消えない対処法として、
バッテリー交換中も車に電源が送れるよう、

 

バックアップ電源

 

を使うことが有効です。

 

詳しくはこちらのサイトで解説されて
います。

 


参考 車のメモリー保護を行えるバッテリー交換方法

 

ちなみに、私はバックアップ電源は
使っていません汗

 

車は平成17年登録のトヨタ車

 

です。

 

交換後は「時計」の時間が初期化
されただけでした。

 

用意するモノ

 

  • 軍手
  • スパナまたはモンキー

 

この2つがあればあとは、新しい
バッテリーを用意すればオッケーです。^^

 

では次に、バッテリー交換の手順に進みます。

交換の手順

以下のように進めていきます。

 

クリックで拡大↓

 

車のバッテリー交換の手順

 

注意しておく点

 

古いバッテリーのターミナルからケーブルを
外すときです。

 

-(マイナス)→+(プラス)

 

で外して、

 

+(プラス)→-(マイナス)

 

で付けていきます。

 

これを間違った場合、スパークして火花が
飛んて、ショートしたりすることがあります。

 

ここは間違えないようにしっかりと
作業を進めてください。

 

さらに、バッテリー交換時の注意点
として、国土交通省のページも
参考にしておいて下さい。

 

重要 国土交通省 バッテリー交換・後付け電装品取付にご注意!

 

では、私が体験したバッテリー交換の
様子を次にご覧ください。

実際にバッテリー交換を体験

今回、新しく購入したカーバッテリーは、

 

INDIGO(インディゴ)

 

という格安バッテリーです。

 

格安で信頼の高い INDIGO(インディゴ)カーバッテリー55B24R 

 

「ヒュンダイ」の新車の90%に使われ
ているバッテリーです。

 

多くの「HYUNDAI」ヒュンダイの新車に搭載されているカーバッテリー、インディゴ

 

※「HYUNDAI」と書かれていますね

 

どんなバッテリーか?や、どこで買えば
安く買えるのか?はこちらの
ページで詳しく解説しています。

 


・参考 INDIGO(インディゴ)の車のバッテリーは価格が超安い!購入してみた体験談

 

 

取扱説明書はちゃんと日本語で
詳しく書かれています。

 

インディゴのカーバッテリーの取扱説明書は日本語

 

箱から取り出してみました。

 

インディゴのカーバッテリー

 

持ちやすいように「取っ手」がついています。

 

こういったアイデアは嬉しいですね。

 

取り付け

 

無事に取り付けが完了です。

 

クリックで拡大↓

 

カーバッテリーの交換取付け完了

 

「取り外し作業」についての画像が
なくてすいません。

 

作業の進め方は先ほど「交換の手順」で
書いた通りですので参考にして行ってください。

 

ちなみに、バッテリーを購入すれば、

 

バッテリー交換の方法の解説が載っています。

 

クリックで拡大↓

 

バッテリーの交換方法は取扱説明書に載っています

 

これを見れば、簡単にできますので
大丈夫ですよ。

 

バッテリー残量はインジケータで見る

 

昔とは違い、今はバッテリー液の残量点検
は、インジケータで簡単に確認ができます。

 

クリックで拡大↓

 

インディゴのカーバッテリーのバッテリー液の残量はインジケータで簡単に確認できる

 

  • 緑色→正常
  • 赤色→液不足
  • 透明→要充電

 

これで、バッテリーの点検ができます。

 

取り外したバッテリーはどうする?

 

こちらは、取り外した古いバッテリーです。

 

古くなったシェルのカーバッテリー

 

取り外したシェルのカーバッテリー

 

「シェル」のバッテリーです。これは
ガソリンスタンドで変えたんです。

 

確か、2万5千円くらいしたものです。
今考えれば高かったなー。

 

さて、この古いバッテリーどうやって処分するのか?

 

処分もお金がかかる場合があります。

 

しかし、私はすべて0円で処分しています。

 

その方法はこちらで詳しく書いています。

 

 

・参考 車のバッテリーの購入と処分 おすすめのショップ2軒とその理由

まとめ

今回は「実際に体験した「カーバッテリーの
交換」についてお話しさせていただきました。

 

やってみるととても簡単、オートバックスや
自動車整備専門業者に有料でお願い
しなくても大丈夫でした。

 

「自分で交換しよう」

 

と考えたことで、信頼のある安い車のバッテリー
も見つけることができて、一石二鳥でした☆

 

2016年6月に交換しましたが、6か月後の
今でも問題なく車の走行が出来ています。

 

皆さんもぜひ参考にしてみてください。

 

追伸

 

そろそろ車を売りたい、新車を購入したい
と考えている方、

 

その時に損をしない為に、とても
大事な事があります。

 

かなり大きな金額が損するかしないか?
となりますので、ぜひこちらの話も読んで
置いてください。

 


 ↓クリックしてかならず見ておいてください。

 

愛車を高く売るなら買取専門業者車の査定を利用

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

TOPに戻る↑

  このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

INDIGO(インディゴ)の車のバッテリーは価格が超安い!購入してみた体験談
車のバッテリーを交換するために価格を調べているととんでもない安いメーカー製品が。。これって信頼出来る?
車のバッテリーの購入と処分おすすめのショップ2軒とその理由
カーバッテリーを通販で賢く買う、そして使っていたバッテーリーも通販で0円で処分できる方法です。
バッテリーの交換と点検 寿命を長くするためには
バッテリーは車の走行中に充電しますが、寿命や不具合には気をつけましょう。