高く車を売りたいなら買い替えのベストタイミングで。走行距離の目安は何キロ?

●みんな損してる!?新車ディーラーの車下取り価格でだまされている!!
 ↓クリックしてかならず見ておいてください。
愛車を高く売るなら買取専門業者車の査定を利用

タイミングがベストな車の買い替えの走行距離は?早く売るか?乗り倒すか?2つに1つの選択がオススメ

走行距離で大事な2つの目安で高く売れる基準がある

車の買い替えを走行距離で
考えるなら、

 

  • 3万キロ
  • 5万キロ

 

を意識してみましょう。

 

なぜ、3万キロと5万キロを意識するのか
というと、

 

車を下取りに出すときの査定額で
ここまでなら高く売れる可能性が大
だからです。

 

まずは、3万キロを超えているか超えていないか?

 

ここで査定額は大きく変わります。

 

 

次の目安は、5万キロを超えているか超えていないか?

 

となります。

 

車を買い替える際に愛車を売るときの
査定額を事前に知る方法もあります。

 

 

TOPに戻る↑

車の走行距離10万キロは限界か?

愛車を乗り続けて、走行距離が10万キロ
に達したとき、

 

車としては限界か?

 

と聞かれれば、「限界ではないです」
と言えます。

 

今の日本車はとても性能が高いです。

 

ですから、乗り続けても2年車検をちゃんと
受ければ問題なく乗れるでしょう。

 

日本車の中古車は世界的にも人気が高いです。

 

その理由は「故障が他国製造車より断トツに少ない」

 

からです。

 

ですので、走行距離10万キロの車で
あってもドライバーが思っている以上に
高く売れることもあります。

 

ただし、車を髙く売るにはそれなりの
方法があります。

 

新車ディーラーで下取りに出しては
高く売れませんよ。

 

 

TOPに戻る↑

 

軽自動車の走行距離で買い替えるなら

軽自動車の走行距離も普通車と同じで、

 

  • 3万キロ
  • 5万キロ

 

の走行距離が一つの目安となります。
その理由はこちら

 

軽自動車でも10万キロ走っていても、限界
ということはありませんので、

 

続けて乗っても大丈夫です。

 

しかしもし、今の車を売って新しい
軽自動車、もしくはワンランク上の
常用者に買い替えたい!

 

と思ったときは、悪いことは言いません。

 

高く売って安く買う方法

 

を絶対に使ってみてくださいね。

 

 

TOPに戻る↑

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

ユーザー車検とはどのようなものか?ユーザー車検で車検費用をうかす方法
自動車の車検をユーザー車検にすると費用節約が可能です。ユーザー車検とはについて全般的な解説をしています。
車の所有者変更って簡単?難しい?手続きや方法を教えます
乗っている車を下取りに出したり、個人売買をすると所有者変更が必要です。車の登録を移転するときの例やその方法に関しての情報です。